tobiraB
kisekiTOP3

Sustainable Development Goals

きせきれい株式会社は、徳島県上勝町とSDGsパートナーシップ・アライアンスを結んだ株式会社日誠産業より、環境・SDGsの取り組みをさらに深めるために独立した会社です。
日本の自治体で初めてゼロ・ウェイスト宣言を行いSDGs未来都市にも選定された上勝町との取り組みで得た経験を活かし、産学官、地域、都市の連携を図り、地域経済や環境など幅広い分野で誰ひとり取り残さない社会を目指して活動します。
それはきっときせきれいだからできること。
再生プラスチックの課題であった強度問題。きせきれいのMilax「ミラックス」は、回収した牛乳パックとプラスチックを融合させて、これまでにない強度を実現した新素材の再生プラスチックです。学校教育においても、自分たちが使い終えたモノが自分たちの使えるモノになるというアップサイクルを学べる題材として注目されています。
「リサイクルのために回収された牛乳パックはどこへいくの?」
これは私たちに寄せられたお問い合わせの中で圧倒的に多い質問です。きせきれいのフーディケーション事業は、牛乳パックのアップサイクルなどを通じた実感できる児童・生徒向けSDGs課外授業の実施・サポートや、学校・自治体・企業と連携したアップサイクル商品の共同開発を行っています。
広島平和記念公園内にある「原爆の子の像」には、毎年世界中から平和への祈りが込められた千羽鶴が贈られます。これまで長期保存されていた折り鶴が、きせきれいのアップサイクル技術で丁寧に独特の風合いを持つ紙やレーヨン糸に再生され、扇子やタオル製品に生まれ変わります。世界平和の思いをさらに昇華させて多くの人へと届けるプロジェクトです。
上勝町をはじめ徳島県が全生産量の99%を占めるゆこう。
その希少性から幻の果実と呼ばれてきましたが、徳島大学の研究チームにより抗菌性や整腸・静菌作用などが確認され注目を集めています。しかし生産量は減少の一途をたどり、本当に幻になってしまう危機に見舞われています。「幻の果実からきせきの果実へ」を合言葉に私たちは普及・事業化に取り組んでいます。
上勝町のみなさんと連携するキーパーソンを目指し私たちは地域の方々・企業・団体と一体となって主体的に事業に取り組み成功に導きます。

森や河に眠る有形・無形の歴史的・文化的・技術的な資源を掘り起こし成功に導く目利きの眼を養います。

国内は言うに及ばず海外の方々と柔軟に交流し優れたアイデア・意見を取り入れ実行してまいります。

おつきあいする人材や団体が移り変わったとしても常に成果が出せる自立したプロセスの確立を果たします。
代表取締役
平尾昭一郎
社名 / きせきれい株式会社 KISEKIREI Co.,Ltd.
本店所在地 / 徳島県勝浦郡上勝町旭八重地18-49
電話番号 / 0884-27-2452
弊社及びSDGsに関する活動のご相談はお気軽に
下記のフォームからお送りください。

    Copyright©2021 KISEKIREI Co.,Ltd. , All rights reserved.
    Scroll to Top